手が届きそうだった35年ぶりの日本一への挑戦権は、するりと逃げた。広島東洋カープのセ・リーグ4位が確定し、4年ぶりにクライマックスシリーズ(CS)進出を逃した30日、広島市内では落胆が広がった。「まさか」「信じられない」。ファンは、3連覇からのBクラス転落にうなだれた。

 中区の焼き鳥店「カープ鳥中の棚スタジアム」には仕事帰りのファンたちが集い、阪神―中日戦のテレビ中継を見守った。中盤に得点した阪神がそのまま逃げ切ると、あちこちでため息が漏れた。

 広島県海田町の会社員大束穂(みのる)さん(35)は「昨季までとの落差が大きい。連覇は逃しても、せめてAクラスに入っ...    
<記事全文を読む>