バレーボール女子日本代表のセッター佐藤美弥(29)=日立、秋田・聖霊女短大付高-嘉悦大出=が、14日開幕のワールドカップ(W杯)に臨む。2020年東京五輪の正セッター争いに勝ち抜くためトスワークの幅を広げている。16年リオデジャネイロ五輪から続く争いに終止符を打とうと燃えている。
 5~6月のネーションズリーグは全15戦のうち11戦で先発した。一定の信頼を得た一方で「試合に多く出場したことで、自分の癖が顕著に出た」。サーブレシーブが少しでも乱れると、トスがレフトに偏り、相手ブロックに読まれた。チームのアタック決定率を伸ばせなかった。
 Vリーグでは、ミドルブロッカー...    
<記事全文を読む>