「JOCジュニアオリンピックカップ 第33回全国都道府県対抗中学バレーボール大会」(12月、大阪市)に向けて、和歌山県選抜女子チームの初練習が1日、みなべ町であった。女子、男子チーム共に7日に和歌山市内で結団式があり、今後、県外遠征なども交えて練習を積み、大会に臨む。

 女子チームの初練習はみなべ町芝の南部中学校であった。監督は南部中バレーボール女子の越本明伸監督が務める。印南町以南の選手は野田澪さん(衣笠)、松山遥香さん(上芳養)、築山実波さん(南部)、湯川陽菜さん(印南)、濵本知夏さん(同)。

 身体測定などの後、さっそくパスやレシーブ、...    
<記事全文を読む>