中学生でつくるみなべ町の「レッズバレーボールクラブ」が、8月31日に奈良市内であった「第12回近畿U―14クラブバレーボール交流大会」(近畿バレーボール連盟主催)の女子の部で、ブロック準優勝した。

 学校単位ではなく、広く小中学生を中心とする若年層競技人口の拡大を図ることを目的とした大会。和歌山、大阪、奈良、滋賀、兵庫、京都の各府県から2チームずつが出場。県内からは県バレーボール協会の推薦で、レッズと那賀が出た。

 12チームが二つのブロックに分かれて、それぞれ3チームによるリーグ戦をした後、両ブロックでそれぞれ、リーグ1位による決勝をした。...    
<記事全文を読む>