◯…今大会から採用された自転車女子個人ロードレース。優勝候補の梶原悠未(筑波大)は6位入賞にとどまり、初代女王の座を逃した。先行を許し、得意とするスプリントも発動できずに終わった。「油断ですかね。悔しいし、申し訳ない」。気丈に浮かべる笑顔の陰に無念さがにじんだ。

 11・5キロメートルのコースを4周して競った新種目は、団子状態が続く落ち着いたレース展開。3周目の終盤で積極的に仕掛けたが奏功せず、ラスト1周での巻き返しも果たせなかった。

 来年の東京五輪ではメダル獲得が狙える注目株と目され、大きな期待と重圧を感じてきた。ただ、初出...    
<記事全文を読む>