茨城県で開かれている第74回国民体育大会「いきいき茨城ゆめ国体」第3日の30日、ソフトテニスが北茨城市磯原地区公園テニスコートであり、成年男子の本県チームは決勝で広島に1―2で敗れ、準優勝だった。昨年の4位を上回り、2年連続の入賞となった。

 ダブルス2、シングルス1の団体戦。決勝は、第1ダブルスの鹿島鉄平(都城市役所)・井口雄一(スマッシュイグチ)が勝利。しかしシングルスの井口雄介(新田小中教)、第2ダブルスの川崎浩希・森田晴紀(日体大)がともに敗れた。この日初戦の準決勝では、和歌山を2―1で下していた。

...    
<記事全文を読む>