2020年東京五輪自転車競技マウンテンバイク(MTB)の会場として改修された日本サイクルスポーツセンター内の伊豆MTBコース。周囲の豊かな自然環境を最大限に生かしながら、日本の伝統文化や伊豆の景観を意識したデザインも取り入れて設計された。急坂や岩場、林道などさまざまな難所が連続し、世界トップレベルの技術を持った選手たちによる激しいレースが期待できそうだ。コース整備に込めた思いを大会組織委員会MTBマネジャーのポール・デービス氏(51)=英国出身=、競技の魅力を1998年バンコク・アジア大会で金メダルを獲得した元MTB選手の宇田川聡仁氏(40)=伊東市出身、ブリヂストンサイクルブランド推...    
<記事全文を読む>