第74回国民体育大会「いきいき茨城ゆめ国体」レスリングのフリースタイルが29日、水戸市の「アダストリアみとアリーナ」で行われ、少年男子60キロ級で、清岡幸大郎(高知南高3年)が優勝した。県勢で国体のレスリング制覇は初めて。
 
 清岡は準々決勝で、今春の全国高校選抜大会決勝で敗れた藤田颯(埼玉県・花咲徳栄高)に4分37秒テクニカルフォール勝ち。続く準決勝を内容勝ちで制し、決勝では今夏の全国高校総体決勝で敗れた小野正之助(佐賀県・鳥栖工高)を16―8で下し、頂点に立った。
 
 国体では過去に2度、決勝に進みながら優勝を逃してきた清岡。「ずっと決勝...    
<記事全文を読む>