茨城国体が始まり、県内各所で来訪者へのおもてなしに取り組んでいる。郷土料理を振る舞うなど、国体を機に「わがまちを全国区へ」と力が入る。

■ピーマン料理300食 神栖

 茨城国体のテニス競技が29日、神栖市南浜の神栖海浜庭球場で始まり、日本一の産地である同市のピーマンを使った料理が無料で振る舞われ、多くの来場者でにぎわった。特産品の無料振る舞いコーナーは、同日から最終日の10月2日まで設置。日によってメニューが異なり、各日300食を提供する。

 初日は、同市産のピーマンやイワシを使ったひと口サイズの揚げ物「いわしピーマンぼ...    
<記事全文を読む>