【登別】2020年東京五輪の競泳日本代表に選ばれた瀬戸大也選手(25)が29日、市内でトークショーと実技指導(いずれも市教育委員会主催)を行い、水泳選手を目指す子どもたちに「目標を持つことが大切」とエールを送った。有力な金メダル候補だけに、会場は大きな盛り上がりを見せた。

 市民会館(富士町7)でのトークショーは、整理券を持っている約500人が市内外から詰めかけた。瀬戸選手が観客席の扉から登場すると、大きな歓声が上がり、握手やハイタッチを求める人が殺到した。

 瀬戸選手は、進行役を務める室蘭の地域ラジオ「FMびゅー」の三上健一郎さんとの対話形式で、練習や日常生活...    
<記事全文を読む>