【恵庭】女優綾瀬はるかさんが28日、恵庭市の北海道ハイテクアスリートクラブの屋内練習場を訪れ、同クラブ所属の陸上競技選手らと、2020年東京五輪・パラリンピックを応援するCMを撮影した。

 パナソニック(大阪)の企画で各都道府県のアスリートを紹介しており、今回が最後の撮影。北風沙織コーチと50メートル走を競ったり、走り高跳びの京谷萌子選手に教わって背面跳びでバーを越えたりした。

 綾瀬さんは「皆さんのベストが出せるように願っています」と東京五輪を目指す選手にエールを送った。五輪開幕まで28日で300日。はるかかなたにあった夢の舞台は着実に近づいている。

...    
<記事全文を読む>