途中出場し、勝利に貢献したリーチ・マイケル主将。リーチ主将が「最も尊敬する人」と慕う母校・札幌山の手高校の佐藤幹夫監督(58)は札幌市中央区の応援会場「ファンゾーン」で観戦し、「マイケルの出場で一気に試合の流れを引き寄せた。日本の救世主だ」と喜びを爆発させた。

 リーチ主将は20日のロシア戦でも献身的なプレーでチームを支えたが、一部では「本調子ではない」との見方もあり、28日のアイルランド戦は控えに回った。

 佐藤監督は「マイケルは相当の負けず嫌い。ベンチスタートとなり、とても悔しかったんだろう」とおもんばかった。その上で「だからこそいつでも出場できるよう、気持...    
<記事全文を読む>