◇日本19-12アイルランド

 日本の「切り札」の出番は想定していた以上に早い時間帯に訪れた。背番号20を背負い、先発を外れた主将のリーチ。試合2日前、ジョセフ・ヘッドコーチ(HC)はその経験を重視し「後半からインパクトを与えたい」と語っていたが、投入されたのは3-12と9点リードを許し劣勢だった前半30分。「チームが勝つために集中していた」。ピッチに入ると、会場の雰囲気が一変した。

 直後のプレーで相手のラインアウトを奪い、味方がつないだボールをゴール前へ運んだ。たまらず相手が反則。10メートル弱のPGを田村が確実に決めて...    
<記事全文を読む>