ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会で1次リーグA組の日本代表は第2戦(28日・静岡スタジアム)で優勝候補のアイルランドに挑む。27日は会場で最終調整し、初戦で3トライを挙げたWTB松島は「自分たちのラグビーができれば自然とトライのチャンスはある」と力強く語った。

 1時間弱の練習を行い、報道陣に公開された冒頭15分間ではダッシュなどで汗を流し、芝の感触をチェック。非公開部分ではスクラムも組んだという。アイルランドとの対戦成績は日本の9戦全敗。17年6月には2度対戦して22-50、13-35で敗れた。プロップ稲垣は「相手の攻撃に対して、どれだけ我慢強くなれるか。一番大事...    
<記事全文を読む>