2020年東京五輪開幕まで28日であと300日。自転車競技マウンテンバイク(MTB)の会場となる伊豆市の日本サイクルスポーツセンター内の伊豆MTBコースが改修工事をほぼ終え、静岡新聞社の取材で初めて全容を現した。10月6日開催の本番に向けたテスト大会でお披露目される。
 1周4キロで岩場や急な登り坂、細い一本道など技術力が要求される勝負どころを8カ所配置したのが特徴。各ポイントには「浄蓮の滝」「天城越え」「伊豆半島」「枯山水」「箸」といった地元伊豆の風景や日本文化にちなんだ名称が与えられた。
 五輪でのMTBの日程は男子7月27日、女子同28日。それぞれ38人の出場...    
<記事全文を読む>