茨城県を会場とした第74回国民体育大会「いきいき茨城ゆめ国体2019」は28日、ひたちなか市の笠松運動公園陸上競技場で総合開会式が行われ、10月8日までの日程で熱戦が繰り広げられる。主会期での本県選手団はカヌースプリントをはじめ、陸上やライフル射撃、アーチェリーなどで上位入りをうかがう。

 カヌースプリントは200メートルと500メートルが行われ、少年勢で複数優勝が見込まれる。男子は谷地高勢に注目。カヤックフォアはジュニア世界選手権に出場した設楽勝太と小野隼人、今夏の全国高校総体優勝メンバー・荒木優希と古沢諒で編成し、大本命としてレースに臨む。カナディアンペアの佐...    
<記事全文を読む>