令和初となる第74回国民体育大会「いきいき茨城ゆめ国体」が28日、笠松運動公園(ひたちなか市)で総合開会式が行われ、開幕する。本県での開催は45年ぶり。全国から選手と監督、役員ら約2万4千人が参加し、10月8日までの11日間にわたり35競技で熱戦を繰り広げる。総合開会式には天皇陛下も出席され、お言葉を述べる。

茨城国体には選手1万9518人、監督2889人がエントリー。本部役員・顧問も合わせ、2万3565人が参加する予定。このうち本県は47都道府県で最も多い969人の選手団となった。大会期間中は観覧者や応援団など延べ約90万人の来県者を見込んでいる。

総合開会式は...    
<記事全文を読む>