弓道の第70回全日本男子選手権大会が22日まで、三重県伊勢市の伊勢神宮弓道場で行われ、成田祐也(秋田県連盟)が準優勝した。

 個人近的で争われ、初出場の成田は予選を通過して上位20人による決勝に進出。決勝では全10射を的中させた。10中の3人による優勝決定戦で優勝は逃したが、遠近競射での2、3位決定戦を制した。

...    
<記事全文を読む>