レスリング女子で五輪4連覇を果たした伊調馨選手=八戸市出身=は24日、東京五輪の出場が絶望的となったことで注目されている去就について、所属先のALSOKを通じて「今後のことは決めていませんが、選手・指導者として力を尽くしていきたい」との声明を発表した。現時点の意向が示されたことに、地元関係者からは安堵の声が上がっている。
 今月の世界選手権(カザフスタン)で、57キロ級優勝の川井梨紗子選手=ジャパンビバレッジ=と、妹で62キロ級3位の友香子選手(至学館大)が共に東京五輪代表に内定。伊調選手の体格に合う階級の代表枠が埋まったことで、五輪出場の可能性は事実上消滅した。
...    
<記事全文を読む>