◆日本、モンゴル、中国の子どもら 伝統と友好の舞披露

 二〇二〇年東京五輪・パラリンピックに関連して行われる県文化プログラムの磐田プレ公演「ララバイ~詩と舞踊と音楽による小宇宙(ミクロコスモス)」が二十三日、磐田市民文化会館で開かれた。市民ら約千三百人が訪れ、アジア地域の子どもダンスや朗読、演奏など、スポーツと両輪をなす舞台芸術を楽しんだ。

 公演は二部構成で、一部は日本やモンゴル、中国の子どもらが古典や現代舞踊などを披露。このうちモンゴルの舞踊団は太陽、月などを信仰する遊牧民族の日常を子孫に伝える大切さを表現して踊った。障害や差別をこえ...    
<記事全文を読む>