第74回国民体育大会「いきいき茨城ゆめ国体2019」は28日、茨城県ひたちなか市の笠松運動公園陸上競技場で総合開会式が行われ、10月8日まで同県内で熱戦を繰り広げる。

 佐賀県勢は、会期前に実施された水泳、体操などを除く33競技に選手、監督ら約400人が出場。団体はバレーボール成年女子の久光製薬スプリングスやハンドボール成年男子のトヨタ紡織九州レッドトルネード、個人はセーリングやレスリングなどに期待がかかる。開幕を前に、佐賀県の誇りを懸けて戦う代表選手を紹介する。

 

 

セーリング 岡田・吉永組V狙う成年男子

...    
<記事全文を読む>