2020年東京五輪で初採用される自転車BMXフリースタイル・パークの全日本選手権決勝が23日、岡山市の下石井公園で開かれ、女子エリートクラスは世界ランク6位の大池水杜(みなと)=ビザビ、島田工高出=が88・33点で3連覇を果たした。
 東京五輪では、日本は男女1ずつの開催国枠が与えられている。全日本選手権の成績は、日本代表の選考基準となる世界ランキングのポイントに反映される。
 女子エリートクラスは大池が危なげなく3連覇。東京五輪出場が濃厚の22歳は大観衆の前で大技を連発し、「アドレナリンのおかげ。負けなくて良かった」とほっとした表情をのぞかせた。
 1本...    
<記事全文を読む>