ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会が日本代表の白星発進で幕を開け、神戸市など全国の開催地で熱気が高まる中、観客らをもてなす飲食店や催しの関係者から「『W杯歓迎』と掲げちゃ駄目って、変では」との声が上がっている。大会名を使いたくても何かと制約が多いという。W杯を盛り上げたいのに、どうして? 北海道ラグビー協会と北海道新聞は7月、第1回大会から取材を続けるスポーツライター藤島大さん(58)の講演会を札幌市で開いた。タイトルは当初「ワールドカップ日本大会に向けて」だったが、「藤島大さん講演会」に差し替わった。同市のW杯担当者から「『ラグビーW杯』は避けた方がいい」と求められたからだ。藤...    
<記事全文を読む>