ラグビー・ワールドカップ(W杯)イタリア代表の事前キャンプ地となった上田市菅平高原の住民たちが22日、イタリアチームの初戦ナミビア戦の観戦会を菅平高原国際リゾートセンターで開いた。約20人が小旗を振り、ユニホームを着て声援を送った。

 ナミビアに先制される展開だったが、前半10分にスクラムから認定トライを得て同点に追いつき、同25分に逆転すると「よし」の声。イタリア選手がナミビアディフェンスを振り切ってトライのチャンスを演出するたびに、「行け、行け」と盛り上がった。7トライ、47対22の快勝でノーサイドを迎えると、拍手や小旗を振って勝利を喜んだ。
<記事全文を読む>