ソフトボールの日本リーグ女子1部は22日、兵庫県尼崎市のベイコム野球場などで6試合があり、同市の9位シオノギ製薬は、首位デンソーに0-1で惜敗した。

 ファンが詰め掛けた地元の一戦を終え、シオノギ製薬の岡村監督は「あと一歩でなかなか…。もう一押しが課題」と唇を結んだ。決定打を欠き、首位デンソーに屈した。

...    
<記事全文を読む>