ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会で開幕戦に勝利した日本代表が22日、公認キャンプ地の浜松市に入った。選手は23日から市内で調整練習し、28日にエコパスタジアム(袋井市)で行われるアイルランドとの1次リーグ第2戦に臨む。
 日本代表は22日午後4時半ごろ、JR浜松駅に到着した。SNSなどで選手の浜松入りを聞きつけたファンの歓声の中、リーチ・マイケル主将(30)=東芝=やロシアとの開幕戦で3トライを挙げた松島幸太朗選手(26)=サントリー=らが引き締まった表情で宿泊先に向かった。
 サインをもらおうとペンを片手に出迎えた男子児童(9)=浜松市西区=は「近くで見ると...    
<記事全文を読む>