ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会は22日、札幌ドーム最終戦となった1次リーグC組のイングランド―トンガ戦が行われ、イングランドが35―3で勝利した。約3万6千人の観客は世界トップレベルのプレーに沸き、道内初開催のビッグイベントの興奮は最高潮に達した。

 試合は午後7時15分に開始。両国をはじめ多くの海外ファンも詰めかけ地鳴りのような応援と拍手がこだました。イングランドファンの大合唱が何度もドーム内に響く一方で、トンガにも大きな声援が送られた。

...    
<記事全文を読む>