ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会の日本代表を応援するパブリックビューイング(PV)が二十日夜、太田市のイオンモール太田内のイオンシネマであった。四百人以上の市民らが、開幕戦となる一次リーグのロシア戦に快勝した日本の大活躍を喜んだ。

 太田市が主催し、PV会場はシネコンで、映画用の縦七メートル、横十七メートルの大画面を利用した。試合には、同市に拠点を置くラグビーチームのパナソニックワイルドナイツから稲垣啓太、バル・アサエリ愛、堀江翔太の三選手が先発で出場。PV会場には、谷田部洸太郎と戸室達貴の両選手も訪れ、マイクを手に試合を解説した。

 日本は先制トライを...    
<記事全文を読む>