ブラジル・サンパウロで八月に開かれた「世界ろう者水泳選手権大会」で、松商学園高三年、中東(なかひがし)郁葉さん(17)が1500メートル自由形と混合400メートルメドレーリレーで三位に輝いた。両種目で日本新記録も更新。二十日に松本市役所を訪れ、菅谷昭市長らに喜びを報告した。

 中東さんは先天性の難聴で聴覚障害がある。小学二年生から同市並柳のSAM中央スイミングスクールで水泳を始め、現在も毎日スクールに通って練習を重ねている。

 ろう者の五輪として四年に一度開催される二年前の「デフリンピック」では、メダルにあと一歩及ばず世界で戦う厳しさを知った。悔しさをばねに、今...    
<記事全文を読む>