強豪国同士が激突するビッグマッチで幕を開けたラグビーワールドカップ(W杯)日本大会の横浜会場。世界中から集まったファンは日産スタジアムの内外で好ゲームに熱狂し、地元関係者は「おもてなし」の心で伝統の一戦を盛り上げた。横浜への誘致決定から4年余り。ついに本番を迎えた「楕円(だえん)球の祭典」に、まち全体がラグビー一色に染まった。

 「ラグビーがマイナーなスポーツだった日本でW杯が開かれ、大勢の観客でスタジアムが埋まる。こんなにうれしいことはない」

 千葉県船橋市に住む会社員伊東範和さん(44)は6万人超が来場した日産スタジアムのスタンドを見回し、感慨に浸...    
<記事全文を読む>