■200バタでも五輪代表へ日本新狙う

 競泳男子の個人メドレー2種目で東京五輪代表に決まっている瀬戸大也(ANA)が21日、日本マスターズ選手権が行われている福岡市内で取材に応じ、200メートルバタフライでも五輪出場を勝ち取るためのノルマとして「松田(丈志)さんの日本記録(1分52秒97)を更新する」と掲げた。

 瀬戸は優勝が五輪代表の内定条件だった7月の世界選手権で個人メドレーの2種目を制覇。200メートルバタフライは1分53秒86の自己新を出しながら銀メダルだった。来春の日本選手権決勝で派遣標準記録の1分56秒25を切って2位以内に入るのが五輪代表への条件。瀬...    
<記事全文を読む>