ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会の開幕戦を勝利で飾った日本代表が二十一日、東京都港区の秩父宮ラグビー場で地元の小中学生と交流した。リーチ・マイケル主将(30)=東芝=らほぼ全メンバーが参加し、前夜の開幕戦で見せた緊張感から一転、リラックスした様子でふれ合いを楽しんだ。

 港区と江東区の子どもたち約百人の前で、パスやスクラムなどを実演。サイン入りの代表ジャージーを贈り、一緒に記念撮影した。

 リーチ主将は「練習で意識すること」を質問され、悩んだ末に「一つのプレーを丁寧に」と代表の心構えを伝えた。

 江東ラグビークラブに所属する小学六年の大西空さ...    
<記事全文を読む>