ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会の日本戦が行われた20日、八戸市中心街の飲食店やマチニワでは、パブリックビューイング(PV)が行われ、来場者がテレビ中継にくぎ付けになった。試合は日本がロシアに快勝。ラグビーファンたちは、トライが決まるたびに歓声を上げながら、日本代表の躍進に期待を込めた。

 大型スクリーンを用意した同市十三日町のクラブ「MARQUEE(マーキー)」には、約10人のファンが集結。試合開始直後、ロシアに先制のトライを決められ重々しいムードとなったが、前半終了間際に松島幸太郎選手が逆転トライを決めると、「やったー」「決まった」などとボルテージは最高潮に。後...    
<記事全文を読む>