ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会は20日、東京・味の素スタジアムで開幕し、1次リーグA組の日本はロシアを30-10で下し、初の8強入りへ好スタートを切った。4トライを奪った日本は、ボーナス点の1を含む勝ち点5を獲得した。

  第9回のW杯で、アジア初開催。第1回から9大会連続出場で世界ランキング10位の日本は、前半はWTB松島(サントリー)の2トライなどで12-7で折り返した。後半はフランカーのラブスカフニ(クボタ)や松島のトライでリードを広げ、世界ランキング20位のロシアを振り切った。

 1次リーグは20チームが4組に分かれて総当たりで戦い、各組2位までが...    
<記事全文を読む>