岡山市は20日、今夏の柔道の世界選手権で女子78キロ超級を初制覇した素根輝(あきら)選手(19)=環太平洋大1年=に、人見絹枝スポーツ顕彰の特別スポーツ栄誉賞を贈ると発表した。26日に市役所で表彰式を開く。

 素根選手は福岡県出身で、今春に環太平洋大に進学した。8月25日~9月1日に東京で行われた世界選手権では、個人戦初出場で全5試合を一本勝ち。決勝は2012年ロンドン五輪金メダリストのキューバの選手と対決し、延長の末に反則勝ちを収めた。

 同顕彰は市出身で日本人女子初の五輪メダリスト人見絹枝(1907~31年)の功績をたたえ、2001年に創...    
<記事全文を読む>