茨城県で開かれる第74回国民体育大会「いきいき茨城ゆめ国体2019」(主会期・9月28日~10月8日)に出場する本県選手団の結団式が19日、山形市の山形国際交流プラザで行われ、関係者が健闘を誓い大舞台への闘志を高めた。

 選手や監督、本部役員合わせて約220人が出席した。総合開会式で旗手を務めるなぎなた少年女子の古瀬恋春(天童高)に、団長で県スポーツ協会長の吉村美栄子知事が県旗を手渡した。吉村知事は南部九州4県を中心に開催された全国高校総合体育大会などでの県勢の活躍を挙げ、「優勝に向かって一丸となり、山形旋風を巻き起こしてほしい」と激励した。各競技団体がそれぞれの...    
<記事全文を読む>