20日に始まるラグビーワールドカップ(W杯)日本大会の開幕戦「日本―ロシア」で使われる公式ホイッスルを運ぶジェームス・オーウェンさん(香港出身)とロン・ルトランドさん(南アフリカ出身)は18日、富士市を出発し、三島市などで歓迎を受けながら静岡県東部を自転車で駆け抜けた。神奈川県に入ると旅はいよいよ最終盤。2人は「静岡ですてきな体験ができた」と話し、本県を後にした。
 富士市役所では、ルトランドさんとオーウェンさん2人と仲間たちを市職員ら約100人がのぼり旗や大きな拍手で出迎えた。
 2人は「自転車で走ってきて228日目。終盤でこんなにすごい歓迎を受けるなんて」と県内...    
<記事全文を読む>