「ニュージーランド(NZ)人にとってラグビーは国技であり、宗教のようなもの」-。正確無比なキックを武器にNZ代表で積み上げた1598得点は世界最多。「オールブラックスの至宝」とも呼ばれるトップリーグ神戸製鋼のスタンドオフ、ダン・カーター選手(37)。20日に開幕するワールドカップ(W杯)日本大会の見どころや、優勝候補筆頭のNZ代表に伝わる心構えなどを語った。

 -昨季初めて訪れた神戸の印象は

 「ラグビー好きで熱心なサポーターが多く、人々は皆、敬意を持って接してくれる。テレビや新聞の報道がラグビー一色のNZに比べると、神戸ではグラウンドを離れれば競技のことを忘れ...    
<記事全文を読む>