競技普及を目的に県ボクシング連盟(小松雅彦(こまつまさひこ)理事長)が開催しているボクシング教室が人気だ。参加費が安くて気軽に参加できる上、安全面の配慮もあり登録者は100人以上に増加。体験後に本格的に競技を始めた選手もおり、県連盟は「ボクシングに触れ、興味を持ってもらえる機会をつくっていきたい」とさらにPRに努める考えだ。

 教室は約15年前、現在も取りまとめ役を務める同連盟の大河原賢祐(おおかわらけんすけ)常任理事(52)らがスタートさせた。現在は宇都宮市今宮4丁目の県体育館別館ボクシング場で原則週4日、火・金曜は午後5時~9時、土・日は午前9時~午後1時に開いている。...    
<記事全文を読む>