【読谷】ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会は20日に開幕する。大会に出場する米国代表選手団を歓迎するウェルカムセレモニーが18日、県内唯一のキャンプ地である読谷村で行われた。村文化センター鳳ホールに屈強な選手らが入場すると、割れんばかりの拍手と歓声、指笛が響き渡り、集まった関係者や村内の子どもたち約380人は星条旗を振ったり、ハイタッチをしたりして選手らを出迎えた。

 セレモニーでは大会組織委員会の嶋津昭事務総長から選手一人一人に国際試合出場を記念するキャップとメダルが贈られた。また、星条旗をモチーフにした赤と青のだるまが用意された。だるまを前にブレイン・スカリー主将...    
<記事全文を読む>