ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会は20日に東京・味の素スタジアムで開幕し、日本がロシアと対戦する。4年に1度の祭典は世界三大スポーツイベントといわれ、アジア初開催。20チームが参加し、11月2日の決勝まで全国12会場で計48試合の熱戦が繰り広げられる。
 世界ランキング10位の日本は、史上初の8強入りを目指す。18日は同20位のロシア戦の登録選手が発表された。

 大分県内は全48試合のうち、準々決勝2試合を含む5試合が開かれる。首都圏の2会場を除けば最も多い試合数で、地方都市では決勝トーナメントが唯一実施される。
 県は2014年10月...    
<記事全文を読む>