日本ラグビー協会は18日、ラグビーワールドカップ(W杯)の開幕戦で20日に行われるロシア戦(東京・味の素スタジアム)の日本代表試合登録メンバー23人を発表し、フランカーのリーチ主将(東芝)らが先発に選ばれた。フッカーは首を痛めていた堀江(パナソニック)が復帰。ナンバー8には姫野(トヨタ自動車)が入り、6日の南アフリカ戦で右肩を負傷したマフィ(NTTコミュニケーションズ)はメンバーを外れた。
 左WTBは右足の負傷で欠場の福岡(パナソニック)に代わり、レメキ(ホンダ)が先発する。SHは流(サントリー)を起用した。ロックのヘル(ヤマハ発動機)、フランカー徳永(東芝、浜松市出身)は...    
<記事全文を読む>