ラグビートップリーグのキヤノンイーグルスの選手4人が、横浜市立四季の森小学校(旭区)を訪れ、3年生41人と給食を食べたり、ゲームをしたりして交流を深めた。開幕が20日に迫ったラグビーワールドカップ(W杯)に合わせ、競技に親しんでもらおうと県と市が企画した。

 「でかっ」「おっきーい」。赤いユニホームを着た選手たちを見た児童らは驚きの声を上げた。

 この日の給食は、W杯初戦で日本代表が戦うロシアの料理をアレンジした特別メニュー。牛肉、たまねぎ、牛乳を煮込んだシチュー「ビーフストロガノフ」や、キャベツの漬物「カプースタ」などをおいしそうに頬張った。選手は「高校生まで...    
<記事全文を読む>