■3会場開催PR

 20日に開幕するラグビーワールドカップ(W杯)日本大会組織委員会のメンバーと大会マスコットの「レンジー」が17日、福岡市・天神の西日本新聞社を訪れ、九州3会場(福岡・レベルファイブスタジアム、昭和電工ドーム大分、熊本・えがお健康スタジアム)での試合開催をPRした。

 九州では計10試合を開催。元日本代表SOでW杯に1995、99、2003年と3大会連続で出場した大会アンバサダーの広瀬佳司氏(46)は「九州はラグビーが盛んなだけに大会関連の旗やのぼりが多く、盛り上がりを強く感じる」と語った。九州での注目カードに10月9日の大分での1次リーグD組、...    
<記事全文を読む>