第74回国民体育大会「いきいき茨城ゆめ国体」に出場する高知県選手団の結団式・壮行会が16日、高知市九反田の市文化プラザ「かるぽーと」で開かれ、出席した約200人の選手、監督らが全力で戦うことを誓った。
 
 県勢は水泳など先行開催の3競技を含む計28競技に出場。県選手団は、2002年高知国体以降で最も少ない総数319人で、選手は監督兼任を含め248人。総合得点で競う天皇杯では、6年ぶりの最下位脱出を目指す。

...    
<記事全文を読む>