少年男子A400メートル自由形の高野(浜松市立高)が、自己記録を更新して表彰台に上った。国体は「県代表として出ることもあり一番燃える大会」。事前合宿の調子も良く「自信を持って臨めた」と好結果につなげた。
 隣のレーンの黒川(大阪)は全国高校総体の同種目覇者。「前半から付いていったら後半ばてる」と判断し、自分のペースを守った。序盤の6番手からじわじわと順位を上げ、ラスト50メートルは力を振り絞ってキックを打ち、3位争いを制した。
 高野は「少年の区分で出場する最後の国体で、静岡に貢献できて良かった」と笑顔。この日は所属クラブのコーチの誕生日。「プレゼントになればと思っ...    
<記事全文を読む>