敬老の日の16日、シニアのラガーマンがラグビーを通して交流を深める「第13回OVER50親善ラグビー大会」が小樽市望洋サッカー・ラグビー場(朝里川温泉1)で開かれた。50歳以上が対象だが、今回は一部40代の選手も参加し、40歳から70代までの約160人が懸命にボールを追いかけた。

 小樽市内のラグビーチーム「小樽オイズラグビークラブ」(大島由敬会長)が主催する恒例の大会。小樽や札幌、旭川、東京などからシニアのラグビー愛好家が集まった。

 20日には札幌ドームなどが会場となるラグビーワールドカップ(W杯)日本大会が開幕するとあって、今回は例年以上の盛り上がりを見せ...    
<記事全文を読む>