今年12月にイタリアで開かれる聴覚障害者のオリンピック「2019年冬季デフリンピック」の男子カーリングに青森県勢5人が日本代表として出場する。2015年のロシア大会も県勢による代表チームが出場したが、惜しくも5位だった。メンバーは「今度こそメダルを」と意気込んでいる。

...    
<記事全文を読む>