7月、熊谷市で開かれたうちわ祭で、地元の小中学生らが、訪れた外国人を案内して市内を回った。

 「小さな子どもがいて、なかなか計画通りにはいかなかったけど、一生懸命できた。『サンキュー』と言ってもらえた」

 子連れのアメリカ人女性2人をもてなした市立富士見中学校3年の杉浦茉奈佳(まなか)さん(14)は、目を輝かせて振り返った。

 企画したのは、英語を通じた国際教育に取り組む同市のNPO法人「AEA」(All Education Academy)代表理事の赤井由紀子さん(46)。ラグビーワールドカップ(W杯)で熊谷で試合をする各国の大使館などに呼び掛け、...    
<記事全文を読む>