ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会が二十日に開幕するのを前に、出場チームの公認キャンプ地となった浦安市で十四日夜、南アフリカ代表チームの歓迎セレモニーが催された。会場入りした選手らを、浦安お酒落(しゃらく)保存会の踊りが出迎え、ステージでは浦安囃子(はやし)保存会が厄よけの「寿獅子」「大黒舞」を演じるなど、地元の伝統芸能を披露した。

 南アフリカは自国開催だった一九九五年大会に初出場し、初優勝。二〇〇七年大会でも優勝している強豪。前回の一五年大会では一次リーグで日本が勝利し、「史上最高の番狂わせ」と話題を呼んだ。歓迎セレモニーは浦安市文化会館であり、選手とスタッフら五十...    
<記事全文を読む>